花まる学習会低学年コースの魅力

花まる学習会の低学年コースで学習すること

花まる学習会では、子どもを将来「メシが食える大人」そして「魅力的な人」に育てることをコンセプトに開かれた学習塾です。花まる学習会には小学1年生から3年生を対象にした、低学年コースがあります。授業は1年間で42回、そのうち特別授業を9回行っています。授業は1回あたり、90分となっています。講師は各チームにつき1人です。
授業といっても、子どもには『花まる学習会に遊びにきた』という感覚に近いでしょう。花まる学習会の低学年コースでは、子どもが遊びと錯覚してしまうような空間のなかで、知の器と学習の土台を作っていきます。知の器とは、10歳以降に学習する内容で一気に伸びるための元となります。その土台作りとして、姿勢や鉛筆の持ち方、聞く力が大切となってくるそうです。花まる学習会の低学年コースでは、この基礎を子どもにしっかり身に付けてもらえるように、講師が指導を行ってくれます。

花まる学習会の低学年コースで使われている教材

花まる学習会の低学年コースでは、思考力を10歳までに伸ばす『なぞぺー』というオリジナル問題集が作られています。『なぞぺー』は「見える力」と「詰める力」が直接伸びるというよりも、これらの問題群に触れることで、何らかの考える視点を確保し、考えることが大好きになってほしいという狙いがあります。また、幼児期によく伸びる空間認識や論理的思考の基礎、発見する力のような思考の壁を突破できる基礎力が身に付くと花まる学習会は考えているようです。どの教材も子どもがクイズを解くような楽しい気持ちで学習出来るように作成されています。
他にも音で覚える四字熟語や問題文の内容をイメージしながら文章題を解いていく算数のプリント、遊びのなかで平面図形の力を伸ばす教材などが用意されています。

花まる学習会の低学年コースでは宿題が出ます

宿題は子どもが負担に感じない程度の量になっています。花まる学習会の低学年コースから宿題が出される理由は、小学校低学年の時期に家庭で学習する習慣を子どもに身に付けてもらうためです。花まる学習会の低学年コースの宿題は、計算力と転写力を鍛える内容となっています。
まず計算力を鍛える教材は、子どもが楽しくやる気を持って進められるようなテキストが使用されています。また、他の子どもと比較するのではなく前の自分よりも伸びたかどうかを感じられるよう構成されています。
次に転写力を鍛える教材では、日本の名文や詩、童話などの文章を書き写します。こちらのテキストの狙いのひとつは、長時間学習するために必要な正しい姿勢と鉛筆の持ち方の習得です。また、高学年になり、板書量が増えた際に「ミテウツシ病」(写すことに必死になるあまり、考える頭が働かない状態)にならないように、適度な速さで書くことも大切にしています。

花まる学習会の低学年コースの特別授業の紹介

花まる学習会が行っている特別授業では小学生になると、国語の不思議や算数の面白さに触れられるゲーム大会や作文コンテスト、学年ごとの習熟度をみる事の出来る脳力テストなどが開催されています。
ゲーム大会は年5回あり、子どもの『なぜ』や『楽しい』といった好奇心をそそるゲーム内容となっています。子どもの頭はフル回転し、いつも以上に躍動感のある学習に胸を踊らされるようです。

今回は小学生を対象とした花まる学習会の思考実験大会を紹介したいと思います。その大会はバベルの塔と題され、使用する紙の枚数を指定された中で行われました。それらの紙で塔を作ります。そして、どれだけ高さを出せるかを競い合います。それぞれの子どもが柔軟な発想で紙を上へ上へと伸ばします。紙を丸めたり、ねじってみたりなど様々な手法を凝らして、高さを出すそうです。このようにユニークなアイディアを子ども自身で生み出す事は今後の学習にも結びつく、と花まる学習会では捉えているようです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. リードワンプロモーションは、エキストラの派遣、セールス・プロモーション企画立案、イベント企画制作、各…
  2. たっぷりと満足度の高い時間を過ごすことができる広島市 鉄板焼きはいかがでしょうか。おすすめは広島市 …
  3. お酒の美味しい隠れ家的な横浜 カフェバーを会社の上司に紹介してもらいました。こちらのバーがあるビルは…
ページ上部へ戻る